ここからページの本文です

振興会概要

趣旨

ドイツ語学文学振興会は1960 年に創立された。その主たる目的は,政治,経済,科学,技術,文化各方面にわたってわが国と密接な関係にあるドイツの理解と研究に寄与することにあった。以前よりすでに日本独文学会が両国相互理解の基礎的な部門であるドイツ語,ドイツ文学の専攻者を総合する全国的な学術機関として活動しており,現在も約二千名の会員を擁している。しかし学会組織には財政的な制約もあり,純粋にアカデミックな活動に限られるのに対し,本振興会はこれと表裏一体の関係を保ちつつ,若い研究者の優秀な論文に対する授賞,研究成果への刊行助成,研究者の交流に対する援助,一般社会に対するドイツ語の普及およびドイツ文学の紹介などの事業を行うことをめざしている。さらにドイツ語教育の振興をはかるため1992 年からドイツ語技能検定試験(独検)を実施している。
なお,本会は故木村謹治博士の十三回忌の募金を根幹とし,諸方の御寄付を得て創設されたものであるが,1966 年1 月10 日財団法人として発足,その後法人制度改革の流れを受け,2012 年4 月1 日をもって公益財団法人へと移行した。

理事長あいさつ

公益財団法人ドイツ語学文学振興会理事長
國學院大学教授
新倉真矢子

ドイツ語学文学振興会は1960年に設立され,すでに半世紀以上のときが過ぎました。年月とともにドイツ語圏に関わる研究やドイツ語教育を取り巻く環境は変わりましたが,設立時の目的であった「日本におけるドイツ語学,ドイツ文学,ドイツ語教育の振興と普及」のための活動は,そのときどきの変化に応じて少しずつ調整を繰り返しながらその基本方針は変えることなく継続してまいりました。

本振興会の主たる事業に,若手研究者の優れた論文に対する「ドイツ語学文学振興会賞・同奨励賞」の授賞,優れた研究成果への刊行助成,学会や研究会等に対する助成,「ドイツ語技能検定試験(独検)」の実施があります。「独検」は既に20年以上の実績を重ねてまいりました。最初は1級から4級までの4つの級でスタートしましたが,2008年度より準1級と5級を増設し,級を6段階にして実施するに至っています。「独検」は,開始当初より日本の高等教育機関ならびにドイツ語教育関係者と密接な繋がりがあり,現在も大学関係者が実行委員を務め,大学を試験会場として開催するなどの関係を保ちながら,また外部団体としてはドイツ,オーストリア,スイスの各大使館,ドイツ学術交流会,ゲーテ・インスティトゥート,公益財団法人日独協会を後援者に迎えて実施しています。実施年度の終わりには授賞式という場を設け,各級の成績優秀者,最年長・最年少合格者への表彰を行います。我々「独検」関係者にとっても合格者に直接お会いして「独検」について,またドイツ語やドイツ語圏にまつわる話をさせていただける貴重な機会となっています。

本会は,2012年に組織形態を公益財団法人に移行しましたが,今後も引き続きドイツ語学,ドイツ文学並びにドイツ語教育の振興発展に寄与すべく各種の取り組みを継続してまいります。ドイツ語学文学振興会にこれまで以上のご支援を賜りたく,どうぞよろしくお願い申しあげます。

2016年7月

沿革

沿革
1960年11月 ドイツ文学振興会創立
1964年5月 ドイツ語学文学振興会と改称
1966年1月 財団法人ドイツ語学文学振興会設立
1990年8月 第8回 Internationale Vereinigung für Germanistik(IVG,ドイツ語学文学国際学会)東京大会を主催
1992年11月 第1回ドイツ語技能検定試験実施
2010年11月 創立50周年を迎える
2012年4月 公益財団法人ドイツ語学文学振興会に移行

役員名簿(2016年6月現在)

敬称略 五十音順

役員名簿
評議員12名 畔上 泰治(筑波大学)
岡本 順治(学習院大学)
岡山 具隆(早稲田大学)
柿沼 義孝(獨協大学)
境 一三(慶應義塾大学)
末松 淑美(国立音楽大学)
高橋 輝暁(獨協大学)
高橋 秀彰(関西大学)
藤縄 康弘(東京外国語大学)
前田 良三(立教大学)
森 芳樹(東京大学)
山口 祐子(慶應義塾大学)
役員名簿
役員 理事12名 理事長 新倉 真矢子(國學院大学)
常務理事 荒井 訓(早稲田大学)
常務理事 山路 朝彦(獨協大学)
尾方 一郎(一橋大学)
加藤 耕義(学習院大学)
川中子 義勝(東京大学)
木野 光司(関西学院大学)
粂川 麻里生(慶應義塾大学)
武井 隆道(筑波大学)
田中 愼(千葉大学)
富山 典彦(成城大学)
保阪 靖人(日本大学)
監事2名 成田 節(東京外国語大学)
室井 禎之(早稲田大学)
顧問
顧問 早川 東三(学習院大学名誉教授)
平尾 浩三(東京大学名誉教授)