独検について

ここからページの本文です

授賞式

独検の主催団体である公益財団法人ドイツ語学文学振興会は,毎年3月に独検の成績優秀者・最年少最年長合格者を表彰する場を設けています。授賞式では受賞者に賞状と副賞の授与を行い,続く懇親会は後援団体,関係諸機関などからの来賓の方々や独検関係者を交えての歓談の場となっています。協賛団体である公益財団法人日独協会およびドイツ語教科書協会の御協力も得て,賞品に彩を添えていただいております。
*各期の1級から4級までの成績優秀者,各期各級の最年少・最年長合格者の方に授賞式の案内をお送りしています。

2018年度「ドイツ語技能検定試験」授賞式

2019年3月17日(日)ホテル機山館

受賞者の皆さんと来賓の方々受賞者の皆さんと来賓の方々

授賞式会場の様子授賞式会場の様子

理事長の新倉真矢子先生理事長の新倉真矢子先生より御挨拶

在日スイス大使館のマルクス・ロイビ公使在日スイス大使館の
Markus Reubi 公使より御祝辞

日本独文学会会長の清野智昭先生日本独文学会会長の
清野智昭先生より御祝辞

授賞式の様子授賞式の様子

乾杯の様子表彰式後の懇親会
乾杯の御挨拶は一橋大学名誉教授の諏訪功先生

懇親会の様子懇親会の様子

受賞者インタビュー最年少受賞者の方々へインタビュー

2017年度「ドイツ語技能検定試験」授賞式

2018年3月21日(水・祝)ドイツ連邦共和国大使館

受賞者の皆さんと来賓の方々受賞者の皆さんと来賓の方々

ドイツ大使館今回の会場はドイツ連邦共和国大使館です。

バディベアバディベアがお出迎え

授賞式の様子01授賞式の様子

授賞式の様子02

フォン ヴェアテルン大使Dr. Hans Carl von Werthern 大使より御祝辞をいただきました。

理事長の新倉真矢子先生理事長の新倉真矢子先生より御挨拶

大使館広報文化部のメラー氏大使館広報文化部の Dr. David Meller 氏

清野智昭先生日本独文学会会長の清野智昭先生

懇親会の様子01懇親会の様子

ケーキ

懇親会の様子02

2016年度「ドイツ語技能検定試験」授賞式

2017年3月5日(日)ホテル機山館

受賞者の皆さんと来賓の方々受賞者の皆さんと来賓の方々

理事長の新倉真矢子先生理事長の新倉真矢子先生より御挨拶

大宮勘一郎先生日本独文学会会長の大宮勘一郎先生より御祝辞をいただきました

表彰式の様子表彰式の様子

乾杯の様子表彰式後の懇親会
乾杯の御挨拶は千葉大学の清野智昭先生

受賞者インタビュー受賞者へのインタビュアーは独検実行委員で司会の粂川麻里生先生

室井禎之先生早稲田大学の室井禎之先生より閉会の言葉

2015年度「ドイツ語技能検定試験」授賞式

2016年2月28日(日)ホテル機山館

受賞者の皆さんと来賓の方々受賞者の皆さんと来賓の方々

理事長の新倉真矢子先生と独検実行委員で司会の加藤耕義先生理事長の新倉真矢子先生と独検実行委員で司会の加藤耕義先生

1級1位の横山美希さん1級1位の横山美希さん

大宮勘一郎先生日本独文学会会長の大宮勘一郎先生より御祝辞をいただきました

神品芳夫先生東京大学名誉教授の神品芳夫先生からも御祝辞をいただきました

表彰式の様子表彰式の様子

2014年度「ドイツ語技能検定試験」授賞式

2015年3月8日(日)ホテル機山館

受賞者の皆さんと来賓の方々受賞者の皆さんと来賓の方々

今回の会場はドイツ語学文学振興会からほど近い,本郷のホテル機山館です今回の会場はドイツ語学文学振興会からほど近い,本郷のホテル機山館です

2014年度より当会の理事長に就任した新倉真矢子先生。司会は独検実行委員の粂川麻里生先生2014年度より当会の理事長に就任した新倉真矢子先生。司会は独検実行委員の粂川麻里生先生

保阪靖人先生日本独文学会会長代行の保阪靖人先生より御祝辞をいただきました

神品芳夫先生東京大学名誉教授の神品芳夫先生

懇親会の様子懇親会の様子

当日御出席いただけなかった1級1位シラー巴奈子さんから後日コメントをいただきましたので御紹介します。
「この度は素敵な賞を受賞することが出来,大変光栄に思っております。 2010年に準1級の1位を受賞することが出来たため,以降は1級の1位を目標に,大学で日独の翻訳を専攻し,引き続き勉強をして参りました。 おかげ様で,試験で問われるような,普段の日常会話では使わない言い回しなどを多く学ぶことが出来ました。 今年から社会人になりますので,この賞に恥じないよう,ドイツ語圏と日本の架け橋となるような役割を果たせられたら幸いです。 次の目標は,1級を取得していると一部試験が免除される通訳案内士の資格を取ることです。」
シラー様をはじめ受賞された皆さまの今後のますますの御活躍をお祈り申しあげます。